【本日発売!】 アダルトグッズ業界にインパクトを与え続けているSOD製オナカップ・バサラの第3弾「SOD BASARA THE CUP AIR FIT VILA(ビラ)/CLI(クリ)/UNE(ウネ)」2月25日発売!!

オナカップなんて使わない、という人も今回の新製品だけは試してもらいたい!ソフト・オン・デマンドが全力挙げて開発した今回の中身はとにかく凄い!

300種以上のオナカップを試してきたSOD社長が選んだ最高傑作とは!?

そしてしいたけ・いくら・うどんのパッケージデザインの秘密とは!?

新製品に込められたこだわりの開発秘話をグッズ事業部担当者へのインタビューで明らかにします!!

オールマイティではできない!味わいたい刺激だけを追求。「VILA / CLI / UNE」3種類の”特化構造”とは?

SOD BASARAシリーズの商品開発を務めるグッズ制作のスペシャリスト・I氏と、同部署で期待のルーキー・T氏を直撃。

 

―第2弾「SOD BASARA GALAXY/BLACK HOLE(バサラ・ギャラクシー/ブラックホール)」が発売されたのが昨年の10月22日ですが、こちらの発売からすぐに第3弾の開発へ着手されたのでしょうか?

I氏「第2弾が発売された時にはすでに第3弾の開発が進んでいました。昨年6月ごろには始動していたので、構想から発売まで8カ月以上もの時間を費やしています。」

 

―第3弾のテーマは”特化構造”とのことですが、どのような考えから生まれたのでしょうか?

T氏「さまざまなカップホールを使っているうちに、“気持ちいい”と感じる部分って限定的だと気がつきました。既存のカップホールはイボやヒダなど刺激を、詰め込み過ぎています。無駄な刺激を排除して、“気持ちいい”と思える刺激だけに特化した構造を実現させました。これが“特化構造”です。」

 

T氏「お肉が食べたいときに、美味しいお肉料理専門店へ行く。そういう贅沢を、オナカップで味わって欲しいですね。」

 

―新商品のパッケージは、いつもに増して斬新なデザインですね。

I氏「今回は、よりパッケージを見ただけで“チ●ポを突っ込みたい”と、視角へダイレクトに飛び込んでくるデザインを心掛けました。」

 

T氏「“VILA=しいたけ”、“CLI=いくら”、“UNE=うどん”とそれぞれ食材がデザインのモチーフになっています。通常のオナカップはイラストや言葉で触感を伝えることが多いですが、我々は気持ち良さが伝わりやすい写真を使いたい!ということにこだわりました。そこで何十種類もの食材を集めて撮影を繰り返し、今回の食材にたどりつきました。ほかにも気持ちよさそうな食材はたくさんありました。

そしてパッケージデザイン以上に、中身が個性的となっています。ユーザー様には是非『抜き比べ』していただき、3つの中から自分の“推し”を見つけて欲しいです!」

肉厚ひだに包まれる!? ビラビラの快感=「VILA(ビラ)」を体験!

しいたけのヒダをパッケージデザインに据えた「VILA」は、やや硬めの素材を使用し、弾力感のある無数のヒダが連なって、ビラビラとした感覚が亀頭から根本まで包み込む「ヒダ特化構造」とのこと。

実際に使ってみると大小さまざまな肉厚ヒダの一枚一枚が、カリ首から根元まで全体にフィットし、まさにミミズ千匹といわれる極上の名器に挿入しているような気分が味わえました!

 

カップを動かせばチ●ポの形状と動きに合わせて小刻みにヒダが動き、まるで生き物に精液を絞り取られるよう!この快感はぜひユーザー様にも味わっていただきたい!

 

今回の記事では紹介しきれないので、「CLI」「UNE」については後日記事を発表しますのでお楽しみに!

 

SOD BASARAの購入はコチラから

SOD BASARAホームページ

 

Posted by aki